葬儀の一般的な知識

家族だけで葬儀を行う

トップ / 家族だけで葬儀を行う

葬儀に掛かる費用の情報

葬儀の基本的な服装マナー

葬儀におけるマナーはきちんと身に付けておきたいものです。マナーのひとつである服装に関しては、取り急ぎの弔問として駆け付けるの場合には、その服装は平服のままでも問題はありません。先方も用意や準備が出来ていないことが多いので、礼服で訪れると却って不幸を予期していたようで失礼にあたることがあります。ですが、出来るだけ地味な服装が望ましいと言えます。葬儀に参列する際の服装は、一般的な会葬者は礼服であることが一般的です。

多様化する葬儀について

社会の様々な変化によって、人々のライフスタイルが多様化している昨今では、冠婚葬祭に関する考えも多様化しています。葬儀については、今までは人が亡くなってから喪主やその周辺の人々で、内容や日程などを決めるのが一般的でした。しかしながら、近年、生前に自分の葬儀についての相談をしたり、計画を進める人も増えています。お世話になった人々への感謝の気持ちを込めたり、簡単に行えるような配慮をする人も増えつつあります。そして会場に関しては、セレモニーホールなどを借りる人も増えて、手軽に行えるようになりました。