葬儀に相応しい服装

葬儀に参列する際の服装

トップ / 葬儀に参列する際の服装

葬儀に掛かる費用の情報

葬儀に出席する場合について

葬儀に出席する場合、故人の宗教を把握しておく必要があります。宗教によって香典袋等のマナーが異なるからです。式の中で一番最初に行われるのが通夜です。通夜の服装は「喪服」「黒などの暗めの服」などマナーがあります。喪服を着る場合は自宅で連絡を受けたり、連絡を受けてから一度自宅に帰った場合などです。連絡を受けてから家に戻る暇がないのに喪服を着用すると準備していたとみなされてマナー違反になります。今日では死亡診断書などの手続きで日にちがかかるため、喪服でもマナー違反ではないです。葬儀では、大人は喪服、学生は制服がマナーになっています。

お通夜のマナーについて

お通夜は葬儀とは違い、訃報を聞いてからすぐに駆けつけると言う意味合いがあるので、親しい人だけが集まる場合は地味な服装であれば平服で良いとされています。喪服で駆けつける事は、死期を予想して事前に用意していたように取られる事から、喪服は避ける事がマナーとされてきました。しかし、最近は、お通夜だけに参列してお葬式には参列しないと言うケースもある事から、礼服での参列も増えてきています。遺族よりも格が上がってしまうので、正礼装での参列は控えるのがマナーです。葬儀に参列する時には、カジュアルすぎる服装は避けるようにしてください。