葬儀でのマナーとは

大切な方の葬儀に参列

トップ / 大切な方の葬儀に参列

葬儀に掛かる費用の情報

葬儀の時に掛けるお悔みの言葉

通夜や葬儀などに参列した際に、喪主や遺族の方にお悔みの言葉を掛けることがあります。何より大切なのはご遺族の気持ちを思いやり、お悔みの言葉は差し障りのないことをシンプルなものが良いでしょう。また亡くなった原因や状況などについて尋ねるのもタブーです。わかっている場合でもそれをその場で口にしないようにするのが礼儀です。そして、故人と親しくしていた場合には「何かお手伝いすることはありませんか」という伺うのもよいですね。こうした葬儀時のお悔みの言葉のマナーを身に付けておくのも大人のたしなみですね。

葬儀のありかたについて

人が亡くなった時に、故人をしのんで執り行うものを葬儀と呼びますが、絶対にやらなければならないという決まりはないのですが儀式として通常はやります。 最近では亡くなる前から本人が身内に、葬儀はやらなくていいというように伝えておくことがあります。または、亡くなった時の自分の埋葬方をどうしてほしいと言い残しておく人もいるのです。そういう意味で、この頃ではずいぶん人が亡くなってからの形式も変わってきたものです。どうとるかはその人たちの自由でありますし、価値観の問題ですので人がどうしなさいとは言えないのです。